女性が美人に見えるためには美しい口元が必要不可欠と言われています。
特に年々くすんだり黄ばみが気になってくる歯の色を白くするためにはクリーニング、ラミネートべニア、セラミックのかぶせもの、ホワイトコートなどの方法がありますが、自分の歯の色を自然な白さにしたい方の間ではホワイトコートやホワイトニングの施術が人気です。

特にホワイトニングの施術は自分の歯の元の色を自然な白さにすることが出来るため、多くの女性がクリニックで施術を受けています。
ホワイトニングは審美歯科で施術を受けることが出来ます。
漂白剤を歯に塗布し、光を照射することで歯を白くするホワイトニングは、オフィスホワイトニングと呼ばれています。

この施術は審美歯科や一般の歯科で受けられるものですが、虫歯や歯槽膿漏の治療とは異なりますので健康保険は適用になりません。
健康保険が適用にならないため1回あたりの施術に両顎で3万円くらいかかるクリニックが一般的です。
リーズナブルなクリニックでは上下で2万円くらいで施術が受けられるところもあります。

審美歯科に通って施術を受けるオフィスホワイトニングに対して、自宅で毎日自分で行うことができるフォームホワイトニングも人気です。
これは自分の歯型似合わせたマウスピースを作成し、そのマウスピースに漂白剤を入れてしばらくの間歯にはめておくことで歯を白くすることが出来ます。

ホームホワイトニングのメリットは、頻繁にクリニックに通う必要がない点や即効性はありませんが持続性はクリニック受ける施術よりもあるため、長期間白い歯を保ちたい方には最適の施術です。
オフィスホワイトニングには即効性がありますのでこの二つの施術を組み合わせたハイブリッドタイプでは即効性と持続性を両立させることが可能です。

結婚式や就職活動などをきっかけに歯の色を白くしたいと考える人は多く、そのような方から歯のホワイトニングの需要が高まっています。
マウスピースは一度作れば長く使うことが出来ますし、漂白剤を買い足せばそのあとはあまり費用が掛かりませんので費用をあまりかけたくない方にはオフィスホワイトニングが支持されています。

急いで歯の色を白くしたい方からはオフィスホワイトニングが人気で、数回施術に通うことで何段階か歯の色を白くできるケースが一般的です。
大抵のクリニックでのこの施術は受けることが出来ますが、自由診療の為費用はクリニックによって異なります。