歯医者には虫歯の治療のために行くというイメージを持っている人が多いです。
確かに、虫歯治療は大切なことですが、悪い歯を治すというだけでなく、歯医者では口元をきれいにすることができます。
歯を白くするホワイトニングは、口元をきれいにする内容として知られています。

東京都江東区にある歯医者ではそのどちらにも対応してくれる所があります。
歯の黄ばみを除去したり、虫歯によってできた黒ずみ治療したりなどホワイトニング以外で歯をきれいにする方法もあります。<
まずは、歯医者で歯の様子を見てもらうことから始めましょう。

人間の歯の色は、真っ白ではありません。
少し黄色が入った色をしています。
歯の表面にはエナメル質がありますが、この部分は無色透明です。
エナメル質の内側にある象牙質という部分は黄色がかった色をしているので、透けて見えることで黄色が入った白に見えます。
加齢とともに、黄色が強くなっていくので、歯が黄ばんだように見えてしまいます。
ホワイトニングは、特殊な薬剤を使用することで、象牙質の色素を分解して歯を白くすることができます。
ホワイトニングは健康保険が適用されないので、数万円の費用がかかりますが、その効果はすぐに実感できます。

最近は、歯のホワイトニングだけでなく歯茎のホワイトニングも行われるようになりました。
ガムリーピングと呼ばれる治療です。
歯茎の色はピンク色ですが、タバコのヤニなどで黒ずんでしまいます。
黒ずんだ歯茎は不健康な印象を与えてしまいますが、自分できれいにすることはできません。
歯医者では、歯と同じように歯茎の色もきれいにすることができ、最近人気を集めています。
歯と歯茎のホワイトニングは、1度治療をすればきれいになりますが、喫煙などの習慣を続けていると再び色がついてしまいます。

ホワイトニングと似たような効果があるので、間違われやすいのがクリーニングです。
どちらも歯医者で行う治療ですが、歯のクリーニングは表面に付いた汚れを落とすために行われます。
日常生活の中で、コーヒーやお茶の茶渋や、喫煙のヤニなどで歯に着色が起こります。
喫煙やコーヒーを飲む習慣がない人でも、カレーやブルーベリーなど食生活の中で歯が着色してしまう機会は多いです。

食後などにすぐに歯を磨けば着色は落とすことができますが、一度定着してしまうと歯ブラシでは落とすことができません。
歯医者での専用の機械を使うことで、着色を落とすことができます。
磨き残した部分をそのままにしていると、細菌が繁殖しプラークを形成します。
プラークの段階であれば、歯ブラシできれいにできますが、放置していると歯石となり歯ブラシでは落とせなくなってしまいます。
定期的に歯のクリーニングをすると、歯の表面がツルツルになり、汚れの付きにくい状態になります。
大都会東京なら定期的な歯のクリーニングをいつでもできる環境は整っているはずです。