矯正歯科は歯並びをきれいにするための治療を行います。
日本人は歯の大きさに対して、顎の大きさが小さいために、歯並びが悪くなりがちです。
そこで、矯正歯科の治療をすることできれいにするのですが、今までの治療方法は歯にワイヤー装置を装着するために、目立ってしまうという問題がありました。
接客業や人前に出る仕事をしている人にとって、矯正装置が目立ってしまうというのはいいことではありません。
中には、歯列矯正はしたいけれども、装置のために治療を諦めたという人もいるほどです。

そこで、今インビザラインという治療が注目を集めています。
インビザラインとは、矯正治療のひとつですが、ワイヤーを使わないという新しい方法です。
大きな特徴として、ワイヤーではなくマウスピースによる歯列矯正であるという点があります。
マウスピースは透明なので装着していても目立つなどの外見の問題点はありません。

そして、従来のワイヤー矯正との大きな違いとして、自分で取り外しができるという点があります。
ワイヤーは一度装着すると自分では外すことができず、治療が終わるまで付けたままの状態になります。
しかし、マウスピースは1日のうちの指定された時間装着していれば、歯磨きや食事の際には外すことができます。
装置に食べ物が挟まってしまったり、歯磨きが難しくて虫歯になるという問題点も解消することができます。

インビザラインは、患者さんの歯型にぴったり合ったマウスピースではなく、歯が移動するように設計されています。
そのため、初めて装着すると窮屈な感じがするかもしれません。
マウスピースは定期的に新しいものにして、歯を移動させていきます。
事前にコンピューターを使用してシミュレーションを行うので、正確な移動が可能になり、治療期間の目安なども把握できます。

インビザラインと同様に、透明なマウスピースを使った矯正方法にクリアアライナーという方法があります。
クリアアライナーは、インビザラインよりも薄いマウスピースなので、より目立たずに治療をすることができます。
しかし、新しいマウスピースを作るたびに歯型を取る必要があり、患者さんへの負担が強い方法と言われています。
マウスピースは歯茎まで覆う形になっているため、違和感を感じることもあるかもしれません。
矯正をする場合は、どのような治療方法で行うのかという点を歯科医師と相談して決める必要があります。
歯並びの状態によっても変わります。